爪水虫の治療

爪が変色しているば爪水虫かも

男性でも女性でも水虫になることがあります。足先や指の間など強烈なかゆみが皮膚科に行くようにしてください。水虫の場合かゆいからといって市販のかゆみ止めを塗っても効果はありません。菌がいるので専用の薬を塗る必要があります。 また爪が変色していたり、かゆみがある場合は爪水虫の可能性があります。かゆみがない場合もあるので、特に痛めたこともないのに爪が変色していたら爪水虫の可能性があるので注意しないといけません。 爪水虫になると直接薬が届かないので飲み薬を処方されることがあります。それを飲むことによって完治することができます。しかし中には副作用が強いため続けることが難しい人もおられます。あきらめないで塗り薬で完治しましょう。

爪が生え変わるまで根気強く

皮膚科に行ってもなかなか改善しないというケースがあります。爪水虫はそのほかに広がる可能性があるので、そのままにしていてはいけません。 薬は病院だけでなく薬局でも売られています。また水虫を専門で研究しているところもあるので、そこの薬を使うこともおすすめします。 水虫といえど薬で治る人と治らない人がいます。その人たちを研究していろいろなタイプの水虫に効果のある薬を開発しています。治らないからといってあきらめないようにしましょう。もちろん爪水虫にも効果があります。 爪水虫の場合、爪が生え変わるまで薬を塗り続ける必要があります。すべてが生え変わるには半年以上かかります。根気が必要となります。ほかに感染するので根気強く治療しましょう。