脱腸の改善の為に

脱腸のメカニズムについて

現代人は非常に不規則な生活をしているものです。毎日残業続きで帰宅が深夜になったり、食事をとったりとらなかったりという事が多かったり、睡眠時間や排便習慣もバラバラなのです。また食生活は非常に深刻な状態であり、絶対的な野菜不足でビタミンや食物繊維が非常に不足しているのです。そのことで腸内環境は悪玉菌で一杯であり、腸の正常な活動が見られないのです。そのことで排便リズムが整わず、慢性的な便秘症の人も少なくありません。便秘の人は苦しくて無理に力み排便しようとすることで、肛門が裂け痔になったり腸が肛門から飛び出す脱腸になるのです。脱腸になると排便のたびに便が脱腸を刺激して強烈な痛みを感じるようになるのです。

生活習慣を変える事でのメリット

こうした痔や脱腸を解消するには食習慣を一番に変えていくことが大事です。野菜を豊富に含む食生活に切り替えるだけで、食物繊維が豊富に摂取でき腸内環境が悪玉菌から善玉菌の好環境になるのです。すると腸の正常な蠕動運動が見られるようになり、決まった時間に便意を感じ排便リズムが整うのです。また食物繊維を豊富に摂取することで便が柔らかくなって肛門に負荷をかけなくなり痔や脱腸と言った症状はほとんど見られなくなります。このように食習慣を改善すると、腸内環境が良好になり、免疫力や抵抗力もアップすると言ったメリットも得られます。こうした免疫力や抵抗力がアップすると風邪やインフルエンザに感染しにくくなり、体も元気になり健康体を維持できるのです。